家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




YMS-16M XAMEL


画像をクリックすると大きい画面が見られます。ブラウザの機能で戻ってください。

MIAザメルのリペイントです。
リペイントというか元は墨入れと部分塗装以外塩ビの成型色なのでペイントというべきかも…
可動が売りのMIAとはいえさすがにあまり動きませんが、カノン砲の折りたたみ、本体後部が分離し砲台となるなど楽しめる部分もあります。

<工作>
塩ビという素材上全体的にエッジがだるい部分を除いてはプロポーションは良くザメルの持つ凝縮された重厚感がよく再現されてると思うのでモールドがあまい部分は切り落とし市販ディテールアップパーツに交換、その他市販パーツ埋め込みやピンバイス穴あけなどディテールアップ工作に止めました。
モノアイは一段掘り込んで裏にラピ-テープを貼ったHアイズを埋め込んでいます。
全体は通常のプラではペーパーの#400からですが塩ビの場合すぐに目詰まりするので#320から始めましたがサフチェック後に傷消しが大変でした。
パーティングラインやヒケがキツイところは瞬間接着剤やアルテコで埋めて作業しました。

<塗装>
ノーマルは地味なカラーで単色なのでアクセントとしてスプリンター迷彩にしてみました。
●茶
ダークアース+セールカラー+ホワイト+ブラック微量(濃茶)→マスキング→サンディイエロー+ホワイト+ブラック微量(薄茶)をグラデ塗装→エナメルハルレッド+ブラックでウォシング→つや消しトップコート→エナメルダークイエロー+ハルレッド+ホワイトでドライブラシ
●関節
メタルブラック→エナメルハルレッド+ブラックでウォッシング→つや消しコート→グレーでドライブラシ
●関節カバー
RLM02グレー+ブラック→エナメルハルレッド+ブラックでウォッシング→つや消しコート→グレーでドライブラシ
●カノン砲
シルバー+ブラック→エナメルハルレッド+ブラックでウォッシング→スモークとクリアオレンジでシャドウ付け→つや消しコート→エナメルチタンシルバーでドライブラシ
●仕上げ
自作の戦車風デカールを貼りの細かい部分は筆塗りしつや消しトップコートで仕上げています。
<あとがき>
プラモの軟質素材よりは良いものの塩ビはヤスリがけで削りにくく表面処理には苦労しました。
MIAに詳しいサイトを参考に下地にはメタルプライマ−を吹きましたが下地がペーパーがけで荒れているせいもあってか塗料の定着は意外といいようです。
塗装前にパーツをばらす際はお湯につけて軟らかくすると簡単ですが塗装後にそれは出来ないのでピンを削るなど接続部を緩くしておいたほうがいいと思います。
1/144より小さめなのがネックですがMIAの商品化のペースは恐るべきものがありますのでリペントでプラモ化されていない機体など作ってみるのも楽しいですね。