家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




RX.78.2 GUNDAM


画像をクリックすると大きい画面が見られます。ブラウザの機能で戻ってください。

数年ぶりのガンプラ復帰作品です。「最近のガンプラはスゴイ!」と聞き、「最近のは結構高いな」と思いつつ試しに購入。
昔の塗料や道具はスクラップ同様になっており、始めは「色分けされてるから素組みでいいか。」って感じでしたが、組んでいくうちにそのスタイル、構造、可動全てにおいてかつてのガンプラとの違いを感じ感動。製作途中に雑誌などで現在はMAX塗り、簡単フィニッシュなどの昔には聞きなれなかった塗装方を知り、手始めに簡単フィニッシュとシャドウ付けを試すことに。
昔使っていた安〜いエアブラシはどこか詰まって部品も足りないので、思い切ってダブルアクションのものを購入。これまた安物とは違う性能に感動。数年ぶりにガンプラにハマっていくのでした。

<工作>
MGガンダム(Ver.1?)は顔を中心に問題が多いようですが、(Ver.1.5)は私的にまったく問題を感じないかっこよさだと思ったので、特に改造等はしていません。継ぎ目も頭と腕を消すぐらいでとても作りやすいキットだと思います。
<塗装>
*パーティングライン、継ぎ目消しと全体を1000番程度のペーパーで砥いで、半つやクリアーを塗装。(目は筆塗り)
*エナメルのブラックで墨入れしマークを貼り、グレー系でシャドウを入れます。 *最後に半つやクリアーを塗装して完成。



次へ