恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック


RX-78-2 GUNDAM

画像をクリックする別画面で開きます。見終わったら閉じてください。


HGUC RX−78ガンダムです。
さすがにそつがないキットで現代的なデザインを取り入れながらアニメの雰囲気が上手く再現されてるとおもいます。
しかし、せっかくの引き出し式肩関節や足首の二重関節が取り付け位置の関係であまり可動範囲の拡大に貢献してないと感じたので立ちポーズにも影響のある部分だけにこの辺を中心に改修しました。

<工作>
●頭部
アンテナシャープ化、あごの赤いパーツの底面を削りあごを引けるようにし、バルカンはピンバイスで一回り大きく彫り込みました。
●胴体
肩の引き出し関節が妙に奥まっているのでポリキャップ取り付け位置を変更し外側に移動。これによって関節を引き出した時の隙間が小さくなり、同時に取り付け位置を多少前方に取り付けることで後方にもスライドし肩を後ろに引き胸を張ることが出来るようになります。
胸のフィンをシャープ化し、バックパックのスラスターは市販パーツに交換。
腰前面アーマーは左右の連結軸をカットし独立可動に。背面はS字立ちの時に干渉するので切り離しスプリング接続に変更。
●腕部
手首をハイディテールマニピュレーターに変更し、右手のシールド接続用穴を埋めました。
●脚部
足首はボールジョイントと前後スイングのポリキャップの2重関節になっているのですが左右の可動範囲が少ないと感じたので、すね側のポリキャップの取り付けの向きを変更し左右スイングに変更し左右の可動範囲を拡大。接地を良くしています。
足首のシリンダーはコトブキヤ「モビルパイプ」とアルミ線に変更。
●その他
全体スジ彫り&モールド彫り起こし。
バンダイエッジ処理、プラ断面を薄く加工、マイナスモールドや市販パーツ埋め込みなどのディテールアップ。
<塗装>
基本的にZZと同様です(汗)今回は自作デカールに加え市販デカールとMGカトキガンダムのガンダムデカールでGFF風マーキングを施しました。

●白
ホワイト+ガルグレー→グレーで墨入れ
●青
キャラクターブルー+ホワイト+パープル少量+ブラック微量→紺で墨入れ
●赤
キャラクターレッド+ホワイト+イエロー少量→ブラウン+ブラックで墨入れ
●黄
キャラクターイエロー+オレンジ少量→ブラウン+ブラックで墨入れ
●関節
RLM02グレー+ブラック→ブラックで墨入れ。
●バックパック、バズーカ紺色
ブルー+ブラック+ホワイト少量+レッド微量→ブラウン+ブラックで墨入れ
●バズーカ白
ホワイト
●ビームライフル
ブラック→ホワイトパール
●バーニア
スーパーブラック→Mr.カラースーパーメタリック/クロームシルバー

<仕上げ>
デカールをMr.マークセッターを使い貼りつけ、スーパークリアつや消し+スーパークリアU(1:1)でトップコート。
<あとがき>
ちょっと気になっていじってしまいましたが全く必要ないぐらい良いキットだと思います。
HGUCに共通するところですが見る角度や可動によってポリキャップが隠しきれてない部分がありますが塗装の面を考えると仕方ないんでしょうね。
旧キットよりは若干マシですが相変わらずコアファイターは塗り分けが大変です。
今回シールドの白抜き文字などにWAVEの「Xデカール3」を使用してみましたが字体がGFFのものに近くアルプスプリンターで印刷する自作デカールより当然印刷精度や強度が強くいい感じです。
特に小さいサイズで細い線などはアルプスプリンターでは性能上どうしてもギザギザが目立ってしまうのときれいなグレーの印刷が困難なので自作デカールと並行して使っても有効だと思いました。