楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪


RX-78-1 GUNDAM Ver.Ka

画像をクリックすると大きい画面が見られます。ブラウザの機能で戻ってください。

白い悪魔伝説の始祖−プロトタイプガンダムVer.Ka
<工作>
HGUCパワードジムとヘイズル改、ガンダムなどをミックスしてHGUC版ガンダムVer.Kaをプロトタイプ仕様で製作しました。
以前製作したRX-78-2 Ver.Kaのフォーマットを踏襲しつつ使用パーツにあわせてバランスを調整しています。

<頭部>
フェイス・メット背面・角をガンダム、メット前面をALEXから流用し合わせ目で多少幅増し・調整しつつ合成。
耳のダクトはALEXをベースに一度彫り込み、エポパテを詰めてから削り込んでいます。
<胸・腹>
ベースにヘイズル改を使用。
横幅が狭く全体的に鋭角でよい感じなのですが、若干前後の厚みが足りないので合わせ目で幅増し。同時に首周りもプラ材でディテールアップしつつ作り直し。
胸のダクトはキットパーツを元に下面を水平に形状変更。それに伴ってフィンは0.25プラ板で作り直してます。
コックピットブロックは直線基調の形状にしたかったのでプラ板でスクラッチしました。
<腰>
前後中央ブロックはプラ板で作り直し。臀部のバズーカラッチは強度その他の関係からブロックごと差し替え換装する形で2個製作。
腰周りのアーマー・フレームはパワードジムを使用。
フロントアーマーを2mmほど延長し、サイドアーマーはプラ材でVer.Kaに合わせた形状に改修、背面アーマーとともにプラ板で裏側を塞ぎディテールを入れています。
<腕部>
ボディのボリュームアップとのバランスもありますが、肩アーマーは少々小振りで厚みも足りない感じだったので高さ、幅・アーマーの厚みともに幅増し。
上部のフック、側面のスラスターもそれに合わせて作り直しています。
ヒジにはサークルワン(studio RECLESS)小を使用。
前腕は1.5mmほど延長し、手首のポリ隠しには0.5mmプラ板を一枚貼り付けました。
<脚部>
太股、靴及び足首フレームはヘイズル改、ヒザ関節から下はパワードジム、アンクルアーマーはガンダムを使用。
太股は4mm延長、ヒザ関節はパワードジムを使い後ハメ接着できるようにしました。
ヒザ、足首のサークルワンはちょうどいい大きさがなかったので、小と中の中間の大きさをコトブキヤのマイナスモールドWをベースに製作、複製して揃えています。
ヒザ下はパワードジムをベースにひざ・スネ周りをプラ材で作ってからふくらはぎをエポパテで成型。
アンクルアーマーはガンダムのものにスリットを彫り込み、足裏のバーニアは一体成型で立体感がないのでくり抜いて市販パーツに置き換え。
<バックパック・シールド>
バックパック・シールドはHGUC寒冷地ジムのものを流用。
サーベルラックはパワードジムのものを加工し、プラ材で各部形状・背中とのフィッティングを調整しました。
サーベルはパワードジムのものをベースに延長&ディテール追加して複製。
シールドは前面の段差を切り欠いてからパテを埋めてから成型、裏面はサーベルラックをプラ材で製作し複製したサーベルをセットしました。
<武器>
ライフル、バズーカともにガンダムを使用。
ライフルは、キャラクターモデル誌のカトキ氏のイラストを参考に製作。
銃身はプラ棒にパイプカッターでスジ彫りを入れ、銃口はジャンクから拝借。
エネルギーパックはレジンブロックから削りだし、本体後部はプラ材でKaに準じた形で形状変更。
バズーカは各部カット&ペースト(?)でバランス変更。
スコープはライフルの使わなかったものを流用し、各部はプラ材で形状変更。
<塗装>
塗装もキャラクターモデル誌のカトキ氏イラストを参考に配色。
マーキングはガンダムウェポンズVer.Ka編の小松原氏の78−2を参考に製作しています。


黒:ブラック+ホワイト・ブラウン少量→エナメル:ハルレッドで墨入れ
白:ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)+ガルグレー→エナメル:ハルレッド+ブラックで墨入れ
赤:ホワイトサフ→キャラクターレッド+ホワイト+イエロー少量+蛍光レッド少量+ブラック微量→
関節グレー:ブラック+ホワイト+ブラウン→エナメル:ハルレッド+ブラックで墨入れ
シルバー:ブラック→Mr.カラースーパーメタリック/メッキシルバー

<仕上げ>
自作デカール貼り付け→Mr.カラースーパークリアーつや消し+スーパークリアーUでトップコート。
<あとがき>
HGUCとはいえMGとは元になるキットが違うので、MGに勝るとも劣らない工作量となってしまいました。
パワードジムをベースにジム改が発売されればもう少し作りやすくなると思いますが…(2007年1月現在)
元にそれなりに出来のよいVer.KaがあるMGではよりシェイプしたスタイルを目指しましたが、今回は各パーツとの兼ね合いも考えながらある程度標準的なスタイルになりました。
左ツーショット画像ではスケールやそれに伴ってディテールの違いはあるものの、基本的なフォーマットは共通しているのが感じてもらえるかと思います。
顔に関しては頬のダクトからALEXのメットを流用したのですがこれが予想以上にガンダムのフェイスとジャストフィット。
いままでいろんな形でVer.Ka顔をいくつか作ってきましたが、これが今のところ一番お気に入りかも。
また使いそうなパーツは複製しておいたほうが、その時楽なんですが特に顔のような全体の印象を左右するものはその都度作ってみるのも一興かもしれません。


こちらはn.bloodさんのHPのイベントに参加させて頂いています。