家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




MSM-07S Z'GOK

画像をクリックする別画面で開きます。見終わったら閉じてください。

以前作ったHGUCズゴックを修正リペイントしてみました。
数年前に製作したのもあって最近は見飽きて風景の一部と化していたのと基本的な表面処理を済ませてあるの製作が楽というのが一因です。
改造やディテールアップはほどほどに塗装とデカールで楽しむことを目的にしています。
<製作>
今はよほど力のかかる部分以外は瞬間接着剤で接着し合わせ目消しをしているので完成後にヒケることはほとんどありませんが当時はプラ用接着剤で接着していたので製作時に十分乾燥時間をおいたにもかかわらず少しずつヒケてきていたので合わせ目付近は表面処理やり直し、モールド類も彫りが甘い部分があるのでほとんど彫りなおしました。
当時改造したモノアイレールのすじ彫りをいかしモノアイを一回り小さ目のものとディテールアップパーツで作り直し今回は固定式としました。
ついでにモノアイスリットの支柱を削りモノアイレールごと下に下げて幅を狭くしています。
クローはよりシャープに削り込み、ヒザアーマー裏は当時貼り込んだプラ板のディテールが気に入らないので貼りなおし、バックパックノズル部分、股間下のノズルにディテールアップパーツを埋め込みました。

<工作>
仮想GFFジオノグラフィー版ズゴックを意識してソフトな色あいとマーキングを再現してみました。
毎回シャアカラーには悩まされますが今回はピンクはあまりオレンジがかっていない薄めの色合い、赤の部分はレッドとマルーンの中間的な色あいにホワイトを加えて色みが強くなりすぎないようにしました。
グレーの部分も明度の高いグレーにブラウンの色あいを足してGFF的な微妙な色合いのグレーを目指しています。
●ピンク
ホワイト+レッド+イエロー、ブラック微量
●赤
マルーン+レッド+ホワイト+イエロー、ブラック微量
●グレー
ブラック+ホワイト+レッドブラウン
●仕上げ
エナメルレッドブラウン+ブラックを各色ごとに濃さを変えて墨入れ。
GFFジオノ風自作マーキングを貼りこみつや消しコート。

<あとがき>
過去に作った作品を作り直すのは眺める以上に当時と今の技術の差を感じて懐かしいと同時に刺激になります。
新しいキットをジャンジャン組んでいくのも良いですがたまに過去を振り返るのもいいものですね。
なかにはあとでバラすことを考えていないのでパーツ分割に苦しみ当時の自分を呪う場面もありますが…(笑)