FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS




XXXG-01H2 HEAVY ARMS CUSTOM


画像をクリックすると大きい画面が見られます。ブラウザの機能で戻ってください。

ガンダムWエンドレスワルツシリーズから1/100ヘビーアームズカスタムです。
TV版ガンダムWの機体をOVA化にともなってカトキ氏がリファインした機体で長い足、小さい頭とTV版とはがらりと変わりカトキガンダムしてるなかなかカッコいい機体だと思います。
近接戦闘用武器の多いWのガンダムのなかでも重火器類を装備している大人好みの機体じゃないでしょうか。

<工作>
●頭
角のシャープ化、首の裏の肉抜きのパテ埋めなど。
顔は無加工でもピエロ面付きと差し替えられるようになっています。
●腕部
ヒジのポリキャップがむき出しで横回転もそのポリキャップで行う構造なので肩上腕パーツを分割し、上腕からヒジはHGUCシャアザクのものを移植。
下腕部はシャアザクのヒジカバーに合わせて削り込みポリキャップも交換。
肩パーツは下部をプラ板で塞ぎプラ棒を差し込みヒジのポリキャップと接続しています。
肩アーマーはスラスター内がスカスカなのでディテールアップパーツを接着し、黄色い角?は肉抜きをパテ埋めしました。
手首はフリーダムのとき使用したHDMランチャーストライク用を加工したものを一部複製して使用しています。
●武器
ガトリング好きとしては一体型の銃身は×ということでプラ棒、プラ板で新造。
●脚部
股関節部はいつもどおり後ろ側を削り落とし可動を拡大、足首はボールジョイントの位置をずらして接地性を向上。
足首のアーマーは大きすぎとポリキャップが目立つので小型化とともにポリキャップをスネ側に移動し、よりスネに密着した感じにしました。
●その他
スジ彫り彫りなおしや甘いモールドは市販パーツに交換、ディテール追加など毎回定番の工作をしてます。


<塗装>
劇中でも死闘を繰り広げていたのでガンダム系では始めてウェザリングを施してみました。
●白
サフ+ブラック少量→ホワイトでグラデーション。
●青
自作ダークグレー→コバルトブルー+ルマングリーン+ブラック+ホワイト→ホワイトを加えたもの3色でグラデーション。
●紺
ブルー+ブラック+レッド少量→ホワイトを加えたもの2色でグラデーション。
●ガトリング
シルバー+ブラック→エナメルブラックで塗装→エナメル溶剤で一部拭き取り→チタンシルバーでドライブラシ。
●仕上げ
ガトリング以外全パーツエナメルブラックでウォッシング→それぞれの色の明度を上げたエナメルカラーでドライブラシ。
細部を筆塗りしつや消しトップコートで仕上げ。

<あとがき>
ヒジ関節など設計の古さを感じますがプロポーション抜群、色分けも最近のSEEDなどのキットと遜色ないいいキットだと思います。
ただデザイン的に色分けが多いのでマスキングは多めです。
今回は付属のトロア・バートンも塗装しました。



次へ

前へ