家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




RX-93 νGUNDAM


画像をクリックすると大きい画面が見られます。ブラウザの機能で戻ってください。

私の一番好きなガンダム、νガンダムです。
やっぱりガンダムはアムロに乗って欲しい。
Mk-U、Z、ZZと後継機が変形機構などとともに徐々に複雑なデザインになっていく中現れたRX-78を髣髴とさせるシンプルなデザインは逆に魅力的でした。
アムロの最後の機体として、またニュータイプ能力を存分に発揮できる機体として私の中では究極のガンダムという位置付けです。

<工作>
このキット機体自体もかなりのデカさですが内部フレームが全身再現されフィンファンネルは6枚と見た目以上に手間のかかるものでした。
全身のスタイルとしてはちょっと頭が大きいかなという感じがしましたが顔立ちはとてもかっこいいので下手にいじらずにそのまま。
ポージングにはもっと足がガバッと開いて外を向くようにしたいところですが、フィンファンネルやバズーカを背中に背負う関係で股関節と足首関節にメタルパーツが使われているので断念。
腕、尻のアーマー、ふくらはぎの小さいスラスターはモールドがあまいのでくり抜いて裏からプラ板を貼りディテールアップパーツに換えています。
あとは可能な場所の後ハメと各部モールドやスジ彫りをシャープにしてやった以外は素組みです。
シールド裏など意外とモールドやスジ彫りがあまい印象があるので多少手間でも墨入れを楽にし完成後の印象もだいぶ変わるのでこの辺の加工はおすすめです。
特にひざとすねのパーツは未加工だと一体ぽいので筋彫りを入れて別パーツぽくするのは効果があると思います。


<塗装>

内部フレーム、フィンファンネルとモノが多いので塗装も”伊達じゃない”です。
一部後ハメ出来ない、もしくは後ハメよりマスキングの方がマシという箇所もありますがパーツが多いだけあって塗りわけは最小限に抑えられています。
ただ、バズーカ、ビームライフルなどもうまく2色で成型されてますが設定どうりの塗り分けには細かな塗り分けが必要なのと黄色いスラスター類は中を黒で塗り分けますが数が多く小さいのでなかなか大変です。

○白
ダークグレイ→ライトグレイ→キャラクターホワイトの順でグラデーション塗装。エナメルのグレーで墨入れ。
○ダークブルー
ブラック→キャラクターブルー+ブラック+レッド+ホワイト→左にホワイトを足したものの順でグラデーション。エナメルのライトグレーで墨入れ。 
○イエロー
イエロー+レッド→イエローでグラデーション。エナメル、グレーで墨入れ。
○フレーム
メタルブラック→スーパーシルバー+ブラック+クリアーブルー+クリアーレッドでグラデーション。エナメル、レッドブラウンで墨入れ。

また今回塗膜の強さに期待し実験的に精密屋「精密ウレタンクリア」を使用。
基本塗装後に装甲部、武器類、内部フレームの可動部、フィンファンネルのジョイントなど接触部分に精密ウレタンクリアを塗装。
墨入れ、デカール貼りの後ラッカーのつや消しでコートしています。  →詳しくはTOOLのコーナーで
ある程度動かした感じでは装甲などは軽い接触では傷はがれなど無し。
フレームのヒジ、ヒザ、フィンファンネルとバズーカのバックパックにはめる部分はツヤに変化があるもののはがれは無し。
フィンファンネルの可動部のジョイントはプラ同士がカチカチとはまって曲がるので強く接触する為部分的にはがれがありました。

デカールはガンダムデカール以外の付属のシールは完成後の段差がでるのでスケールモデル用のドライデカール(こすって貼るガンダムデカールと同じもの)でCAUTIONマークなどを貼りました。



次へ

前へ