楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪




RGM-79  GM


画像をクリックすると大きい画面で見られます。ブラウザの機能で戻ってください。

HGUCジムです。
量産機だけにバリーションの多い機体でいわゆるヤラレ役からエース用改良機まで上げればキリがありませんが、我が家のコレクションにはジムがいないのとCG合成の際の登場を考えとりあえずストレートに作ってみました。
メカとしてのカッコよさと精密さ重厚感など重視したMGも良いですが、アニメ調のシンプルなラインのHGUCも単なるスケールダウンではなくて独自のデザイン性があると思うので過剰なディテールアップは避けスッキリした仕上げを目指しました。

<工作>

HGUCガンダムでは別パーツになっている足首関節ですがジムはすねとつながっていて見た目が良くありません。
そこで一度すねパーツから足首パーツを切り離し、すねパーツをくり抜き中にプラ板で底を作り、プラ板で延長した足首パーツを接着し別パーツに見えるようにしています。
また定番の工作としてブラスパイプMAXとアルミパイプでシリンダーを作り直しています。

充分な可動があるジムですがHGUCガンダムから採用された可動式肩関節と”あのシーン”を再現するために腹を前後にもスイングするようにしました。
HGUCガンダムの肩関節は非常に良い出来ですが大きく動かすためには肩を引き出す必要があるため接続の軸が目立ってしまいます。
このジムでは方法を少し変え、肩を引き出すと一緒に肩の接続パーツが胴体から引き出され隙間に軸が露出しないようにしてみましたが、そのまま腕を上下すると肩の接続パーツも回ってしまうので一度引っ込めてから腕を動かす必要がありまだ改良の余地がありそうです。
腹部は腰パーツ内にポリキャップを仕込み、腹部のポリキャップはボールジョイント用のポリキャップに替え市販のボールジョイントパーツを引き出せるようにし前後左右に可動出来るようにしました。
尻のアーマーはキットでは固定で体を反らしたS字立ちをするとモモの後ろと当たってしまうのでスプリング接続にし可動するようにしました。

その他は首のポリキャップの位置を数ミリ上にずらし首を伸ばしてやりあごを引いた精悍なポーズが取れるようにし、
バックパックはシールド装着用の穴が目立つのでプラ板とプラ棒で取り外し式のふたを作り形がいまいちなバーニアを市販品にし、抜けやすいサーベルは2mmプラ棒で延長しバックパック内に刺さるようにし抜けにくくしています。
外観上はちょっと間延びして見える気がしたので胸、ヒザ、バックパックなどに筋彫り追加しただけです。

<塗装>
基本的なジムの色。これを目指しました。
各色とも実際はもう少しグラデーションが効いていて白みがかったパステルっぽい色ですが写真ではだいぶ濃い色になっています。
最近はダークグレーなど濁った色をベースにしない薄いグラデーションと明るい色合いの仕上げが気に入ってるのですが赤、黄色などの暖色系は写真では再現が難しいみたいです。
塗料は墨入れ以外すべてMr、カラーです。
○白グリーン
ホワイトに手持ちのルマングリーンとキャラクターブルーを少量混ぜたものとそれにホワイトを足して明度を上げたもの2色でグラデーション。
○赤
キャラクターレッドの上にキャラクターレッド+ホワイト+イエローのシャーピンクに近い色でグラデーション。
○その他
関節部は自作グレーを2色グラデーション、ビーム・スプレーガンはグレー+ブルーの明度違いを2色グラデーション塗装しています。
エナメルのグレーで墨入れ、いつものつや消しでコート。
アニメ風の仕上げと最近の好みでデカールは貼っていません。



次へ

前へ